World Cancer Dayに思うこと。



一年ちょっと前、私の中にある血液を作る工場が癌細胞を作り始めた。日々の忙しさのせいで、自分の体の中で起きているそんな変化に全く気がつかなかった。自分のことを後回しにし、自分の心の声を聞かない言い訳はいつも簡単に見つかった。

国民の三人に一人が癌で亡くなっているこという数字を知っていても、友人や親戚の中に癌になった人たちがいても、どこかそれは、いつも私ごとではなかった。自分が癌患者になるとは思っていなかった。

私ではない。 私のことではない。

癌細胞は、何の許可も同意も、事前通知もなくやってきた。そして、私たちがその存在に気がついた後も、黙って体を去ってくれることはなかった。でも、私はラッキーだった。ラッキーなことに、必要な愛とサポートと治療を受けられた。友人、家族、医療関係者の方々から。みんなが、体内から癌細胞に出て行くように説得をする助けをしてくれた。

だから同時に、私は自分自身と大きな約束をした。

自分をもっと愛すること。 世界の見方を少し変えること。 生きるスピードを落とすこと。

ワールドキャンサーデーである今日、私を支えてくれているみんなに改めてありがとうを送りたい。今癌の治療をしている人たち、そんな人たちを支えている周りの人に、愛と祈りを送りたい。以前に癌と宣告され、しっかりと向き合った全ての人に、「あなたを誇りに思う」と伝えたい。そして、自分自身と大きなハイハイブをする。

これを読んでくれている人に伝えたい。

癌は、突然起こります。 少なくとも、そう見える状態で起こることもあります。 そして、誰にでも起こりうるのです。

定期検診、人間ドックを受けましょう。 自分の体の声を聞きましょう。 それ以上に、心の声を聞きましょう。

家族と友人を大切に。 癌の人を自分のできる形で支えてあげましょう。 私たちはお互いが必要です。 自分を信じ、 愛の力を信じましょう。

たくさんの愛を込めて。

---------------------- A little over one year ago, my blood making factory started producing cancer cells. Although it happened in my own body, I was too busy with daily stuff to notice whats going on. I was so good at finding different types of excuses not to prioritize myself and take care of my true feelings.

Although I know that cancer is very common disease to have and have friends and families who suffered from cancers, it had never been “my thing.” I had never expected that I would be a cancer patient. Not me. Not my thing.

Leukemia invaded my body without my permission or agreement or some kind of heads up. They did not leave my land on their own accord even after they were discovered. However, I was lucky. I was lucky enough to receive all love and supports I needed from my family, friends and medical workers. They helped me to convince my cancer cells to decolonize from my body. At the same time, I made a big promise to myself that I will love myself more, change my perspective toward my life, and slow down.

On the world cancer day, I would like to send my huge appreciation and love to everybody who has always been there for us. Also, I am sending all my love and positive energy to all the people who are suffering from a cancer right now and people who are supporting them. Last but not least, I would like to say I am proud of everybody who had cancers and faced their faith. And one more, I am giving a big high five to myself.

Cancer can happen totally out of blue. At least it seems to happen like that way. Cancer can happen to anybody.

Take regular health check ups. Listen to your body. Listen to your heart even more. Love yourself.

Be nice to your family and friends. Support any cancer patients in the way you can. We need each other. We need to believe in ourselves. We need to believe in our love.

I love you all.